2005年12月02日

参戦、博多の森!

明日福岡に飛びます、今年2回目ですね

自分の観戦友人達も各地に飛ぶようです
味スタに、等々力に、カシマに、新潟に、フクアリに
すごい見事に配分されました、皆がんばるなあ…。


「サッカーバカ」
な立場からゆけば私もこのどれかにいっていたのでしょうね
だがしかし、それよりなにより私はクマサポ
なにより行かねばならないのは博多の森です!
色々振り切っていきますよ〜(心残りたくさん)

でもJ2において、重要な試合に行くので
サッカーバカ的にオッケーかな?


12月1日のベガモ
熊谷さんのコメント
いままで通りにやるだけ。目にみえないプレッシャーを感じる場合もある。プラン通りならいいけど、先制されたり苦しい展開になって(プレーが)ぶれてしまえば元も子もなくなる。自分達のことを信じて、ここまできたことを誇りに思って、どんなことが起きても最後まで最善をつくすことが大切だ

苦しい時にこそ起用されてきた熊谷さんらしいコメントですね

まずはここからです、がんばって応援してきます!!

以下記事追加

仙台MF熊谷主将がJ1闘魂注入(ニッカン

先を見るな。今を見ろ

入れ替え戦のことについて質問する報道陣に向かって
入れ替え戦の話をするのは、お門違い
と厳しく言い放った。

勝たなければ意味がない試合。数々の修羅場を踏んだ熊谷が、大一番を戦うコツを明かした。

(1)ベンチも含めて総力戦になる。準備だけはいつでもいけるように。

(2)次を考えずに、福岡を倒すことだけ考える。

(3)こういう試合は、今までと違うプレッシャーがかかる。自分たちを信じて、今まで通りのサッカーをすることが大事。

(4)仮に先制されたり、押し込まれたりしても、絶対に慌てず「ぶれない」こと。

(5)どんなことがあっても、何が起きるか分からないから90分間最後まで戦う。ビハインドでも、とにかく最後まで集中を切らさずに最善を尽くすこと(たとえ負けても、甲府の勝敗の結果で結末が変わる)。

(6)こういうシチュエーションはプロ生活でも、そう体験できるものではない。この試合によって、自分のプロのキャリアが上がる。勝つことによって自分はもちろん、チームの価値も上がる。

仙台3位かけ福岡と大一番、経験豊富な主将・熊谷が引っ張る!(サンスポ
自分の仕事は、自分でよくわかっている。大一番では“入り方”がおかしいことはよくあることだが、ぶれないことが重要なんだ

入れ替え戦? それは次の結果しだい。今は目の前のゲームに集中するだけだ


都並監督は
「ゲームのツボを知ってるし全体をコントロールできる。フィジカル的にもいい状態だし、プラスアルファが期待できる」
とコメントしているようです。



この記事へのコメント
お久しぶりです。
おぉー!明日は博多の森参戦ですか〜。
いいな♪
私は仙スタ参戦です。

とにかく、熊谷選手も言っているように目の前の試合に集中です!!

明日は勝ちましょう(^^)v
Posted by ちぃ at 2005年12月02日 20:35

はい、今からいって参ります!!
PVのほうにゆかれるのですね、がっつり応援お願いします。

私も。頑張って応援してきますね。
Posted by 雀吉 at 2005年12月03日 05:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。