2006年06月13日

ウォンバット戦

image/shirokuma1975-2006-06-13T00:23:44-1.jpg
画像は我が家のウォンバット君です
(なんでか結構オーストラリアの動物ぬいぐるみが家にある)

予想は1対0なスコア予想しましたが
結果は…うーん(*_*) 残念です
やはりコアラのマーチを太ることを恐れ食べなかったのも
よくなかったかなあ(汗)

あれこれ思う所もありますが…
次のクロアチア戦に向けて切り替えてやっていってもらいたいですね。

さ、次の試合が始まるからみなくちゃ
かなりアメリカ戦楽しみにしてたんで
気をとりなおし見ます


(元々75・6年組が好きなのですが)
ヨシカツさんと中田ヒデ。素晴らしかった
試合中、どんだけ楽にしてくれてたか…流石。
相当貢献していた、と思う
岡田さんもおっしゃっていましたが
フランスを経験している人がチームにいるわけですから
それはきっと力になる、そう思う
だから開拓者の後についてきてる人にもっとがんばって
もらいたいなあ。

采配に関してとかきっとあれやこれやとあると思うけど
過ぎた事なんで言わないス。TVからだとわからないことが多すぎる
でも、交代枠はあれでよかったんだろうか。
※ボランチ好きな自分としては
2人目の交代での配置が悪かったのではないかと…
逆ならまだよかったのではないかな、結果論ですが
あくまで点を取りにく意図だったんでしょうし

しかし中田浩二とか満男とかはどうしてるんだろうなあ
FWなら巻とか見たかったけど…。



ランキングに参加中。よかったらクリックしてみて下さい。
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ

この記事へのコメント
あーうちにもいますよ〜ウォンバットくん。
涙をのんでバックドロップくらいかけとくべきだったかしら(←やめなさい。)
広島にいたポポヴィッチのイメージが強いのか、昔五輪代表の壮行試合で負けたイメージが強いのか、オーストラリアはけっこうあなどれないイメージだったので、まあびっくりするような結果ではないですけどね。まあ、あれこれ思うところはありますが(苦笑)
Posted by EM at 2006年06月13日 00:44
わ、お揃い!ウォンバット君かわいいですよね〜

<バックドロップ
私もパンチして羽交い締めしとけばよかったかな…なんか可哀相で出来ずじまい(^-^;
甘さがでてしまいました、いけませんね…こんなことでは(何かが違う)
豪州は予選のカテゴリが苛酷だっただけで実力は相当ありますものね(>_<)結果は不思議じゃないですが…でもやっぱり言いたいことはあったりします(汗)語りだしたら危険かも…

あ、チェコ得点した、早っ
Posted by 雀吉 at 2006年06月13日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19193426
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。