2005年02月14日

延岡合宿二日目〜午後


午後は熊谷さん不参加(涙)

晴れ渡る青空。
風は冷たいけどいい気候だったのに…な
見学人も沢山

熊谷さんがいなかったので
全体的にみてきました
(これでかえってまともなレポになったかもしれない)

最初にでてきたのは梁
しばし一人で、フカフカのピッチの
センターサークル上の芝生に寝転がっていました。
気持ち良さそう

その後ゾロゾロでてきましたが、
関口よ…あんまり高桑や小針にベタベタしないことな〜(笑)

全員でてきた所で最初にやったのはまずは恒例の挨拶
その後輪になって手繋ぎ鬼を(この辺前後してるかも)

手繋ぎは二人一組手をつなぐのですが必ず一人あまるので鬼は余った人に触れば鬼解放。

最初に捕まってしまったのは富田、ちょっとぼーっとしていたらしく
『あ!』という間に捕まってました。うっかりさん(笑)

これも性格が出ていて面白い

皆鬼になりたくないから必死
広大は何故か中原の後ろに隠れ(隠れる必要ない…し第一隠れきれない)
関口は三田や秋葉の腕にしがみつく
シルビーニョはがっつり抱き着きすぎです(笑)財前が見えなくなってた



でようやくアップ開始
先頭は財前と梁

その後戦術練習(各ポジションローテで)に入りました。
サイドチェンジを織り交ぜたサイドアタックをイメージしているようでした
センターからSB→逆サイドにボール出して→中に返してシュートな流れ
左右交互に行っていました

その後3組による一点先取5分マッチ
勝つと勝ち点3
5分すぎると引き分け
その場合じゃんけんで勝った方に勝ち点1というルールらしい
負けたら交代、勝ち続けると出ずっぱりに

組分けは以下の通り

黄色ビブス
根引、秋葉、大河内、清水、梁、財前、萬代

赤色ビブス
森川、木谷、富田、千葉直樹、中田洋介、関口、中原

無し(青)
広大、三田、監督(笑)、菅井、シルビーニョ、松浦、シュウェンク

一本目
黄色対赤
引き分け(じゃんけん確認できず、多分赤)

二本目
赤対青
赤得点(たしか中田)

三本目
赤対黄色
引き分け(じゃんけんで赤)

四本目
赤対青
引き分け(じゃんけんで赤)

五本目
赤対黄
引き分け(じゃんけんで黄)

監督も『もうないだろう』といいつつ
しぶとく残ってきてしまった、変に運強すぎな赤チーム
遂に休息の時。
倒れこむ赤チーム(笑)皆ふらふらでした、お疲れ!

六本目
黄対青
青得点(監督でないことはたしかだ)

チームの個人的な印象

◆青
なんだかコミュニケーション不足
というかこのメンバーで一体どうしろと…
菅井に期待したんだが…

◆黄
個々はいいのだけども声があまり聞こえて来ない、メンバー的には頷けるが(汗
梁からの展開が多かったかと

◆赤
とにかくうるさい(笑)
森川、中田、関口が声を出しまくる
関口が左右走り回りチャンスを作る(たまに持ちすぎ)。
森川の指示だし、中田の期をみた展開やシュートなどが見応え有り。
が、いかんせん決定力不足(泣)

こんな感じでした
その後はいくつかグループに別れて練習

財前はハードルやコーンを自分で用意して
サーキット練をしていました。
早く本調子になるといいですね…

で、なんでかこのとき関口は
三浦アツのFKに挑戦したかったらしく
かつ中田洋介や中原に蹴るのをみてもらいたかったようで

『中原さん〜!アツ!』(見ててというジェスチャー付)
といいながら蹴ってました


回転がアツ風のつもりだったらしいが

やっぱり失敗して
『あ゛っ〜!!』と叫んでました

そうそう真似できないよあれは
と思いながらみてましたが

そしたら何だか関口に癒されました…
本日、やはり結構凹んでいたらしいです私は

ありがとう関口

本日午後別メはバロン、磯崎、大柴
午前ちらと顔を出した富澤、村上は姿をみせませんでした

電車の都合で最後まで見ることはできませんでした(涙)
のでこの先は不明


ああそうそう、帰りの宮崎空港で
鹿島サポーターさんに遭遇しました(知り合いじゃないけど)
鹿島ジャージはわかりやすすぎですね…

13日午後練習の記事
posted by 雀吉 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 延岡・合宿【仙台】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。