2006年08月22日

2006年8月20日千葉対FC東京@かじやまにあ(え)への道は遠く険しい

嫌な出来事はぬきにして能天気レポでございます。
タイトルに反して千葉話題も多かったりするかも

行ってまいりました。フクアリ
本日はチケット完売ということで開場前に来てました
両チームともサポのお友達が多いチームなので
まずは両方の友人に挨拶です。
応援エリア違うので入場前に会っとかねば



FC東京サポの友人は既にスタグルメ満喫中
というかしきった後でした(汗)

早!!流石だ…食に貪欲です。各スタジアム(もしくは周辺)
を食い尽くすFC東京サポさんのグルメっりは感心しますね。
しかし本当にお客さん沢山いました、食行列もすごいし
ちなみにワタクシは弁当持参(わびしい、節約生活)
一つでも多く試合行きたいのでみみっちい努力を!!

なんだか並んでいる人を見渡すと
呉越同舟な感じのグループも結構いましたね。
平和だわ…さすが千葉です、こういった光景が見られるっていうのは
それはそれでとても素敵です。

殺伐とわざわざしなくたっていいんでないですかね?
なんてのんきな自分は思ってしまうのですが。

さて試合です。

本日のFC東京サポさんの応援は鬼気迫るものがありました
バックスタンド中央アウェーよりあたりにいたんですが、
千葉の応援がかすかにしか聞こえなかった位でした
早々に2点先制されてもなお声援を送り続けていましたし、
断固たるものを感じました

決死の体制、FC東京の選手は
「90分もつの?コレ」という勢いで走り回っておりました。
ペース配分とかそういうのいっさいがっさい無視、
気迫のみなんじゃないかと思うくらい。
後半までふらふらではありましたが何とかもったというのは驚きでした。
応援も力になったのかな?と思わされました。

今年は、若手を意識して見ましょうキャンペーン中
(ほっとくとすぐベテランに目が…)なので、北京世代がめじろおしな
この2チームは格好の対戦であります。

よーしここは梶山で勇人との対決を見るぞーと意気込んでいました
そしたら勇人負傷交代(ガーン)
その後は梶山君の面白プレー(え)が花咲いてましたね。
(この辺後述したいですが、表現が難しい)

でもうっかりやっぱりベンチの宮沢ウォッチしたりとか
藤山さんとかじっと見てたり
信男と坂本さんの対決に見とれていたのは…秘密だ。
攻防目がはなせなかった、何年もFC東京にいるかのような、
馴染み具合を感じさせる信男さんですが。
やはり磐田に何年もいた選手だなあと
思うプレーなどあり。
楽しめました。先制されてる時も
先陣切って思い切りよく行ってましたし

守備の時もただ走ってるわけじゃない所が痺れました(何)




まだ続く?らしい。






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。