2006年10月03日

2006年9月30日東京V対神戸@イシ君面白いよ。

1・2日とエントリー反映されていなかった
なんでだろう…

今回は遅刻したため。マッチデイプログラムもらえず…
インタビューがゼ・ルイスだということを知り
非常に悔しい思いをしました
配る量少なすぎですよ(と八つ当たり)
いや、見ることはできるからいいんだけど

ゼ・ルイス大好きなんです、私。

さて、試合着いた瞬間神戸の得点、ていうわけで経緯わからぬままでした
ここで、がくっっといってしまうところですが。今回は違った模様。
このあとは、自分壊れっぱなしだったので。
戸川の得点あたりからもう記憶が飛んでいて(汗汗)


いや…ほっとしました。

プレーが切れた時に、ハギとイシ君がなにこれと話をして確認してた
あまりのビジュアルの眩しさにくらくらですよ(違うだろ)

あ、あと、大橋とだれか(みとけよ)とかも
合間合間に話し合ってやっているのをみて。
うれしくおもったりやはり試合中に要求しあいがないとね
(いや、でももう、第四クールですが…)


まあでも こ こ か ら 、ですから!(何がって感じですが)


あと試合の後半交代で

戸川、富澤、平本と揃った時がなんだか嬉しくてたまらなかった。
試合後のインタビューで戸川の話も心にきてしまったし
なんだろ、緑の血が私にも流れてるんですかね(笑)多分違うけど

あと、試合後の挨拶で皆で手をつないで手を上げてくれるんですが
バックッスタンドにてイシ君は早くやりたかったのか
皆を待ってる間中、
戸川の手つないだままぶんぶん左右に振ってて…

非常に、面白かったです

なにその、うれしさ模様…(笑)
なじんでて何よりですよ


そういえばこの前の横浜FCもそうですが
ヴェルディも試合後のヒーローインタビューを
ゴール裏前でやってたんですよね
まあ、メインスタンド人いないし(泣)
そこでやっても、ねえ?ということもありますが

目の前でインタビュー聞けるし、
サポーターへのメッセージも眼前で正面から
受け止められるしサポーターの人は嬉しいですよね
こういったちょっとした心配り。

なにか一体感がたっぷりでて、いい感じでした。
いいなあ、ゴール裏。と羨ましくなってみたりもしました。



鹿島もそれいっそやっちゃえばどうですか?
そうするとメインの人が見えないとか、他にもあれこれ
いろいろ不都合あるのかもしれませんが…
自分もメイン&バックスタンド住人ですので
眼の前でインタビュー見れないのはさみしいですが

でも、皆で喜べるところでやって
選手も、サポも喜んでるの見たほうが、うれしかったりも
するんで


【追記】
後半から平瀬もみれて、お得感倍増
彼も彼なりにがんばっていました…なかなかボールも
入らず苦しかったと思いますが。

みんなJ1復帰狙って必死なんですよね
そんなのは、とてもよく感じました。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。