2005年05月13日

5月6日仙台練習〜泉サッカー場(激遅レポ)

やっとここまでこぎつけました…
もう熊谷さんコーチ兼選手状態でした(汗)
本日のメニュー
シルビーニョと菅井は周りを走っていました
・アップ(先頭は熊谷さんと根引さん)→輪になって柔軟
・3組に分かれて鳥かご
・2組ビブス組対なしによる、明日の戦術確認
その後は
・帯同メンバーのみの練習
セットプレー?(もしくはゴール前の練習)
シュート練、もしくはFK練習などを個別にやり今日はおしまい
・居残り組(熊谷さん参加)
ミニゲーム
一対二(GK含)練習←熊谷さん不参加
シュート練習
ここから更に熊谷さんの居残り練習@森田特訓
(用具も片付けられたというのに延々やっていた…)

で遠征バス待ちをして熊谷さんのでまちをして
とこんな感じです。



9時すぎに練習場着すでにGK練習が始まっていました
水戸戦帯同メンバーは藤川さんが
留守番組は別メでしたがそっちにも時折藤川さんから厳しい声が飛んでいました。

練習開始10分前くらいからフィールド選手が姿を見せ始めた
最初に姿を現したのは、大久保と広大と松浦だったと思う
熊谷さんは最後の方に現れいつものように一人で黙々と柔軟しておりました。

定刻に練習開始
・アップ開始
先頭は熊谷さんと根引さん

・3組に分かれて鳥かご
熊谷、バロン、シュウェンク、富澤、清水、大久保
という組み合わせでした、他の2組は横目で見ただけ…ホントすいません(汗)
熊谷さんまたバロンに引っ張られた予感がぷんぷんする(笑)
とても、楽しそうだったのですがひとつ気になることは…やっぱりこの組の標準語はポルトガル語なんだろうか…(汗)熊谷さんも一応話せるし、富澤も清水もある程度はいけそうだが、大久保は大丈夫だったのだろうかとちょっと心配だった

・明日の戦術確認
色々と監督の解説が入りつつ確認しながらのプレー
大まかにいうと
水戸の外人の中央突破を警戒していた模様
(そこは抑えることができてたんですが、選手交代後の対策が…でもその辺は選手が流れをよんで臨機応変にやらないと)
中盤が水戸のDFラインを引っ張りスペースを作る
攻撃時には万代の裏を狙う動きを生かす選択肢を入れていた
(実際の試合では、ポストになっちまったけど…)
他にも色々言っていたけど大分時間がたって忘れてしまった(汗)

あ、そうだ秋葉っち、この日言われたことを試合でも忠実にやっていたと思います(守備とか配球とか)なので、その辺は全然オッケーです、でも自分的にはもっともっと期待してたのです(静岡って聞くと高望みする性なんで…)。次の出場で期待致します。
なんか偉そうだな(滝汗)

ビブスなし組のボランチに入った
熊谷さんのコーチングがよく聞こえて幸せ感が倍増でした
冨田や関口に「後ろ来てるぞ!」とか前のスペースの有無などを常に教え
広大に「運べ、運べ、運べ、○▲×●!!、オッケー!
(解読不能だがパスを出せってことを言ったようだ)」
など詳細に指示だしたり
大河内や広大のクリアを褒めたりと大忙し
もちろん熊谷さんの読み&インターセプトもみれまして
もうコレだけで泊りがけで仙台きた甲斐があるってもんです。
で休憩に入ったらはいったで、大河内を速攻捕まえて、個別指導(笑)
なんだか延々指導していました。

・迷い道なのかな?三田
ビブスなし組の右サイドをやっていた三田なんですが…
迷い道に入っているような予感
逆サイドで関口が「三田〜〜!!」とボールを要求していても
出さなかったりとか、なんだかイマイチだったような。
やはりこのチャンスにべンチにも入れない状態は心情的にキツイのだろうか…

そのあとは2組(帯同&居残り)に分かれての練習

居残り組でのミニゲームでは
熊谷さんの「うひゃひゃ」という笑いを聞けたので
ご機嫌だったようですね〜

帯同メンバーの事は横目でしか見ていなかった(爆)
小さいゴールに向かってのシュート練習と
FK練習をやっていたようです

大柴が早めにメニューをきりあげてたのと
富澤が帯同組が帰っていったあと
菅井を指導していたコーチへ合間をぬって
ヘディング練習を志願していたこと
(本数限定されてたけど、結構な本数をやっていた)
は目に入ってきました。

で留守番選手達
ミニゲームの後1対2(GK含)
をやっていました
参加メンバーは
シュウェンク、洋介、直樹、広大、三田、大河内
熊谷さんは不参加、座って様子をじっとみていました。
で終了後、磯崎を捕まえ1対1の際に気になった点があったらしく
色々話していたようです、(身振りから察するに体の入れ方か?)
参加していなくても、しっかと皆を見ているようです
その後シュート練習になってから熊谷さんが参加

・キャプテン対大河内のビリ争いの勝者は…
シュート練習の最後は決めた人から上がりなんですが…
異様な盛り上がりをみせていました(もしやなにか賭けてたか?)
シュート決めるとみな様々なパフォーマンスを見せてくれて面白かったです
(前転をした選手…オペラグラス忘れたから顔がわからなかった
誰だったんだろう。あれが直樹だったらどうしよう(笑)
とちょっと思ったり)

さて大河内の決定力不足はともかく(笑)
熊谷さんも負けず劣らず、ポストに嫌われていました(爆)
外すたび頭を抱える熊谷さんを、面白げに見つめる上がり組達
楽しそう。

ついに、大河内がゴールを決め最下位決定、熊谷さん!!
決めた瞬間喜びを爆発させた大河内、走りまわった上に
バク転をして喜びを表現していましたね(笑)
ただバク転の軸がずれていたので非常に危なっかしかった
コラコラ、怪我はすんなよ〜と密かに心配した。

でその後は森田の練習に付き合う熊谷さんなのでした。
(もしかしたら、最下位になったので
負けず嫌いを発揮しての熊谷さんの特訓だったのかは謎である)
居残り組も皆上がりのこっていたのは
森田と熊谷さん
離れて、三田と監督
三田と監督は芝生に座り込んで真剣な表情で話していました…
どんな話し合いをしていたのでしょうか?

その2人も去りついに2人だけに
スタッフさんが用具を片付けて引き上げてもまだやっていた…

この日は風がとても冷たくて、帰りたかったけど
練習見逃したくないのでずっとみていました

12時にをすぎてやっと終わりました

2人だけでボールをまとめて運んでいく姿が可愛かった…
後半はでまち編かな?


posted by 雀吉 at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習レポ【仙台】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3607039
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。