2007年03月29日

2007年3月28日五輪予選日本対シリア@水野様に後光がさしていた&枝村の笑顔が…だった件

どうも国立から帰還しました。
一応、公式戦ですので、真剣に見ていましたよ(本当だろうか)。

でも書くのはどうでもいい事のみ

チカシは出ることが出来ませんでしたね。
なんだか、地面にめり込みそうなくらい落ち込んでいるように
みえましたが、大丈夫ですかね…(汗)
落ち込んでいる暇はない。
とりあえずまずは鹿島で結果を出して行こうよ!

反対に枝村君は
交代を告げられベンチに走っていく際

ものすごい嬉しそうな笑顔を浮かべて走ってきました


それを見たとき
あまり笑顔を見たことがなかったので

「一瞬誰だかわからなかった」のは秘密だ(オイ)

ブサだったなー(笑)でもそれが可愛かったのだけども
試合がほぼ決まったあとだったからそれは残念でしたが
プレーが見れてよかった

土曜日も見に行こうっと。(危険な大宮→柏はしごです)

さて表題の件ですが。

これは2点目の(平山)の得点の事です
FKでのアシストを決めた水野君はその場で両手をあげて
ガッツポーズ、皆にアピール(笑)

決めたのは平山なんだけども…
むしろ水野自身がゴールした勢い
たしかにあのボールは素晴らしかった


そして皆がまっさきに祝福に訪れたのは


水野様の所だった…


平山せっかく決めたのに周りにだれも来なくて
あれ?あれ?って感じでちとかわいそうでしたね(笑)
ああでも梶山君が祝福してくれたようだし
そのあともう一点決めたし
まあそれはそれでよかったんじゃないかなと。

そんな水野君は前半でもう疲れきっていましたね
フル出場お疲れ様でした

自分としましては周作復帰戦で
いいフィードを見ることが出来たし、その辺でも嬉しかったですね。

あと水本君がとても頑張っていましたので…

自分としては1点目の展開で入場料分は元取った気分です


試合内容はまあ…アレだ。
という部分もあったんですけども

それは気が向いたら書くということで

しかしこの世代は皆チームメイト同士で
プレー張り合ってますね…

あいつがこうやるなら自分は…と
対抗意識みたいなモノがあるのだろうか

いい方向に競争していっていければいいですね


【追記】

自分の周り
気がついたら上田応援のジュビサポばっかりに
取り囲まれていました…びっくりした

ジュビロの期待の星って事なんですね
でもカレンにはなんであんなに皆厳しいのだろうか
なんだろう、この違いは…(汗)

期待の裏返しかな〜と思った国立でした。

posted by 雀吉 at 00:54| Comment(0) | 試合観戦・練習レポ【代表】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。