2007年06月21日

自分がガッツポーズするのは鹿島だけだと実感

前回の鹿島戦@日立台(2004)は
何を血迷ったか
ゴール裏最前列でした、観戦というよりは
戦いそのものでした。
今回はバックスタンドにて観戦
いつも、冷静にみようと努めてますが
やっぱり鹿島だとエキサイトするみたいです。

周りの柏サポさんごめんなさい、

でも

うれしいいい。



でもって
青木君の成長を一歩一歩見守る会の会員としましても
いろいろと思うところがございました。

ほんとに今いいプレーをしてくれてます!
そろそろ15番をつくろうかね。


ゴール決まった後、皆が狂喜してるとき
ひっそりボール抱えてセンターサークルにて
仁王立ちしていたあの鹿選手は…誰だったか?
確認とれなかったけど
終了の笛がなるまでが試合です!

えらいぞ!それこそ鹿島魂!



試合終了後のどうにでもしてくれな
大岩さんに惚れそうになりました
(いや、すでにとりこだな)

本山のよろこび方があまりにもおもしろすぎて
見入ってしまい
いろんなものを見逃したような気がしてならない

そして、監督マニアとして一言

そして監督が見違えるようにアグレッシブになってました
つーか、面白いです。

だんだんそれみるのも楽しくなってきました。
ここ2ケ月鹿島戦は録画のみでしたが
やはりスタジアム観戦が一番だ




posted by 雀吉 at 02:19| Comment(0) | 鹿島雑記【2005-8】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。